A Night at Birdland. -兵庫県 佐用町 南光自然観察村

アウトドア&フィッシング ナチュラム

さて前回、プリンセスクッキングの止まらない進化のおかげで、しっかりアウトドアでの食事を楽しめた僕たち。1日目の夜は静かに更けて行ったのですが、どうやら2日目は空模様が怪しくて…さてさて、どうなることやら!

たまごの運搬はセリアのケース大活躍

『起きて起きて!朝ごはんだよ(๑˃̵ᴗ˂̵)و !』

パンにウインナーとスクランブルエッグをサンドしていただきます。

たまごは6こ入りパックにはセリアのこのケースがオシャレかつピッタリ。パックのままでは運搬中に割れてしまうのでキャンプにたまごを持っていく時には必須です!

アカシアのうつわでコーヒーを

『コーヒー入れるねッ…あ…紙コップ忘れちゃった…(๑•́ ₃ •̀๑)…』

『コレで良くない?何か弥生時代ぽいし( ಠ ಠ )!』

アカシアの器で飲むアイスコーヒーは思いの外美味しかったので、コレは大正解でした!荷物も減らせるし口当たりも良く美味しく飲めるし言うことなしです!

雨ニモマケズ!

朝から雲行きは怪しかったのですが、朝ごはんを食べ終わった頃からポツポツと、次第に激しく雨が降って来ました…僕らのLogos ナバホちゃんはあんまり雨に強くないスペックのテント。しばらくすると、さらにタープの下の居住スペースも激しく浸水して来ました!

どんどん拡がる水たまり、足元を流れる雨水がもはや川の如し!

『たいへん!ナバホちゃんが浸水しちゃう!私たちのねどこ守らなきゃ(๑•̀o•́๑)۶ !』

『( ಠ ಠ )よし!カッパ取ってくる!外は任せて!…タープの中お願い!』

テントを設置した位置がわずかに低地だったようで、どんどん雨水が流れ込んで来ます。そこでテントの周り、タープから雨雫が垂れるラインに急遽溝を掘って雨水の通り道を作り、雨が居住スペースやテントに流れ込まないようにしました。

どれくらいの時間戦ったのでしょう…迫りくる雨との果てしない戦い!雨水の流れを読みながらふたりでテントを守ります…!

僕たちの見事な連携が功を奏してテント底面への被害が軽減出来ましたが、本当に凄い雨でした…でもこのままだと次の利用の方に支障が出てしまうので、撤収時にしっかり整地しましたよ。非常時とは言え、荒らしてしまいすみませんでした。テント設営の時は、設置面の高低差を見ないといけませんね

アウトドア&スポーツ ナチュラム
降り止まない雨に流水麺でうどん!

何とか深刻な居住スペースへの浸水は防いだ僕たち。いつの間にかお昼になっていました…プリンセスの完璧な段取りでお昼は流水麺のうどん(水で流すだけで茹でずに食べられる)で冷やしうどんをいただきます。バタバタした中でも簡単に用意出来て美味しいスグレモノ!雨の中守ったグリルでプリンセスの大好物焼きおにぎりも焼いちゃいます!

コンニャクのお刺身も添えていただきます!蒸し暑い中でもツルっと食べられる流水麺うどん。お手軽で夏キャンプのご飯にはオススメです!

雨あがる。そして野良ホッケ

お昼ごはんの後、なかなかやまない雨をやり過ごしていると、まもなく晩ごはんの時間が迫って来ました。キャンプでは真っ暗になる前に準備をするので、お昼ごはんとの間隔は若干短いキャンプ飯なのです。

『…どうしてもキャンプでお魚食べたいの…(๑•́ ₃ •̀๑)ホッケ食べよう!』

『( ಠ ಠ )ホッケ…キャンプで食べたらうまいかも…!』

まさかのプリンセスリクエスト、野良ホッケ。Max Valu で仕入れておいたカニのこうらグラタンと焼肉で晩ごはん。モチロン、メスティンで炊飯です。おそとホッケ、美味しかったですよ!

2日目でたまった洗濯ものは

プリンセスリクエストの野良ホッケディナーでお腹いっぱいになった僕たち。

2日目の夜を迎えました。お風呂もいただき、突然の雨で思ったより増えてしまって乾かすめども立たない洗濯もの。コレはいかん!と言うことでMax Valu まで行き、コインランドリーでお洗濯することに。

Max Valu までクルマで往復1時間、乾燥も含めてお洗濯に40分くらいです。

雨が降らなければ天日干しでも良かったんですが、生憎の雨。少し時間はかかってしまいますが雨キャンプ連泊の際は気持ち良く過ごすためにも是非とも利用したいところです。

何と言っても明日はまだ大事なイベントが待っているのですから!

2泊3日、最後のキャンプファイヤー

突然の豪雨で一時はどうなることかと思った南光自然観察村キャンプでの2日目。何度かのキャンプでの経験や機転で何とか乗り越えることが出来ました。テントの中も浸水を免れ、雨のあがった夜、最後のキャンプファイヤーを楽しみます。

『ワタシ眠たくなってきた…(´-`).。oO先に寝るね…』

『うん、俺もうちょっとだけキャンプファイヤー見てから寝るね(^-^)おやすみ!』

ひとりキャンプファイヤーに向かってこころに浮かぶのは、プリンセスと過ごした今までの色んなこと、プリンセスと出会う前の僕と、今の僕。

喫茶店でコーヒーを飲んで本を読んだり音楽を聴くのが唯一の楽しみだった僕が、キャンプファイヤーの前で夜を過ごしている不思議。正直まだ自分でも不思議な感覚なんです。僕がアウトドアなんてね。

プリンセスと出会うきっかけをくれたファルコンと出会った頃、ちょうどお気に入りでよく聴いていたArt Blakeyのバードランドの夜を小さく流しながら、山々をゆっくり流れる時間と同化します。

これを聴いていた頃に感じた、はじまりの予感。その先には想像もしていなかった未来が待っていました。

たぶんこの先の未来も想像もつかないような未来なんだろうな。でもひどい雨ふりがあったって、いつか雨はあがるんだね。明日はきっといい天気だよ。

続く

←Night and Day. -兵庫県 佐用町 南光自然観察村

アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&スポーツ ナチュラム

コメントを残す